部門紹介 リハビリテーション部

ホーム > 部門紹介 > リハビリテーション部

ごあいさつ

リハビリテーション部では「地域の方々に信頼され必要とされるリハビリを構築する」を理念に総勢100名超の専門職が各部門で活動しています。
リハビリとは疾病や外傷などによって起こる、心身の様々な機能の障害を改善し、社会で生活することができるまで回復させることと言われています。
当部では疾患ごとの専門チーム(脳血管疾患、運動器疾患、呼吸器疾患、心疾患、がん、認知症、摂食・嚥下障害、NST等)の育成に努め、質の高いリハビリを入院から在宅まで幅広く提供。チームが一丸となり1日も早く疾病や外傷により失った機能を改善させ、さらには残された機能を最大限活用して家庭復帰・社会復帰を目指していきます。
リハビリテーション部長 板本直明

在宅リハビリテーションのご紹介

取り組み

365日リハビリテーションに集中できる環境

773㎡の明るく開放的なリハビリ室で多種多様な運動、活動、作業を通してのリハビリができます。
リハビリテーションセンター

リハビリテーションセンター

1周50mの歩行訓練コース

1周50mの歩行訓練コース

視覚的な情報をもとに姿勢の調整や運動学習を目的とした壁一面の鏡

視覚的な情報をもとに姿勢の調整や運動学習を目的とした壁一面の鏡

家屋評価

在宅復帰に向けて、家屋の段差や広さ等の評価を行い、身体機能と家屋環境を考慮してリハビリの内容を計画します。また、家屋環境の修正が必要な場合は、手すり等の福祉用具使用や家屋改修のアドバイスを行います。 

外出・外泊訓練

自宅や住み慣れた地域での社会復帰支援の一環として外出・外泊訓練を実施させていただいています。

福祉用具、歩行補助具の選定

福祉用具や歩行補助具、補装具を数多く揃えており、入院中から身体に合ったものを使用してもらいます。必要に応じて退院後も使用できるように実際に試用、試乗しながら評価して機器を選定していきます。

トレーニング・生活指導

退院後も自宅で継続して身体機能を維持向上できるように身体にあったトレーニング指導を行います。また、再発予防の生活指導を行います。

転院前訪問

当院に転院される患者さんの不安を取り除くこと、病院間の連携を強化してスムーズな転院に繋げることを目的に転院前に担当者が直接ご挨拶に伺います。

365日リハビリテーション・モーニング・イブニングリハビリテーション

当院では、スムーズに自宅退院を支援するために朝起きてから夜寝るまでの全ての生活をリハビリとして位置付けています。
そのため、平日だけに限らず土曜・日曜・祝日を含めた365日体制で患者さんにリハビリを提供しています。また、必要な患者さんには朝食の時間や夕食の時間にリハビリ職員が介入した食事・更衣・移動・整容などのリハビリを実施させていただいております。(モーニング・イブニングリハビリ)
 
 
 

聞き取り調査

当院では退院約1ヵ月後に安全な生活を過ごされているか、お電話にて確認させていただいています。

資格・発表

各種資格取得者

日本理学療法士協会 認定理学療法士・・・5名(脳卒中2名、運動器1名、スポーツ1名、循環器1名)
回復期セラピストマネージャー・・・1名
日本体育協会公認アスレティックトレーナー・・・3名
3学会合同呼吸療法認定士・・・2名
介護支援専門員・・・7名
日本理学療法士協会 介護予防推進リーダー・・・1名
日本理学療法士協会 地域包括ケア推進リーダー・・・1名
日本作業療法士協会 生活行為向上マネジメント研修修了者・・・7名
日本作業療法士協会 キャラバン・メイト養成研修修了証・・・2名

平成29年度 研究発表

大会名、研究者名演題名
第52回日本理学療法学術大会 
高氏 涼太
「高齢農作業者に対する腰痛予防に関する研究」
福井神経理学療法研修会 学術大会 
高氏 涼太
「高次脳機能障害による指示理解が困難な症例へのアプローチ ~座位獲得を目指して~」
福井県作業療法会
高橋 美陽
「生活行為向上マネジメントを使用して他職種連携により、排泄動作への意欲向上に繋がった症例に対する介入」
福井県作業療法会
加福 己里宜
「家族・職場の方と連携し、就労支援を行った症例」
福井県作業療法会
久徳 汐莉
「階段付た介入により排泄動作自立、自発性の向上に繋がった症例」
福井県作業療法会
形部 菜月
「買い物訓練をしたことにより、生活範囲が自宅外に広がった症例」
福井県作業療法会
皆川 祥穂
「食事が食べられるようになり、活動の幅が広がった症例」

平成28年度 研究発表

大会名、研究者名演題名
福井神経理学療法研究会学術大会
兼八 勇治
「左被殻出血を呈し自宅内独歩自立を目指した症例
~装具の変換に着目して~」
福井神経理学療法研修会 学術大会 
上山 佐奈枝
「アテローム血管性脳梗塞症例について   
~重心移動と歩行速度に着目して~ 」
福井神経理学療法研修会 学術大会 
吉川 果歩
「脳出血を呈した症例に対しABABデザインを用い治療効果を検討する
~後進歩行が重心動揺に及ぼす影響~」
福井県運動器理学療法研究会 学術大会 
小林 琢哉
「大腿骨顆上骨折を呈し、膝関節屈曲制限の改善に難渋した症例」
福井県理学療法学術大会 
山田 祥世
「長期入院により廃用症候群を呈し、基本動作介助量軽減を目指した症例」
福井県理学療法学術大会 
杉若 友哉
「脳卒中利用者の復職支援」
福井県理学療法学術大会 
仲村 佳奈子
「脳梗塞により、食事動作能力が低下した症例」
第4回福井県作業療法学会
小川 絋代
「転倒を繰り返している患者への役割の再獲得へ向けた介入」
第4回福井県作業療法学会
松田 裕佳莉
「排泄獲得により活動性向上に繋がった症例」
第4回福井県作業療法学会
加藤 里沙
「多職種との連携で退院後も統一した介入が行えた症例」
リハビリテーション・ケア合同研究大会 茨城2016
北川 謙吾
「とろみの基準統一に向けた研修・アンケート調査
~地域包括ケアシステムへのチャレンジ~」
リハビリテーション・ケア合同研究大会 茨城2016
加藤 拓馬
「褥瘡ラウンドの効果と課題」
pagetop pagetop
pagetop pagetop
心の痛みがわかる、思いやりのある保健・医療・介護サービスを提供します。サービス業として地域の信頼を獲得します。 心の痛みがわかる、思いやりのある保健・医療・介護サービスを提供します。サービス業として地域の信頼を獲得します。
医療法人 健康会 嶋田病院

〒910-0855 福井市西方1丁目2-11

日本医療機能評価機構認定病院

(C) 2018 Kenkoukai