嶋田病院 訪問リハビリ 在宅サービスの特色

ホーム > 嶋田病院 訪問リハビリ > 在宅サービスの特色

取り組みや行事

  1. ご自宅に伺い、身体機能や現在の活動量、活動範囲を評価し、利用者様、ご家族様の思いややってみたいことを重視し目標に取り入れたサービスを提供していきます。

  2. 医師と共に訪問リハビリ計画書を作成し、現在の状況(身体状況や生活自立度、目標達成度合い、課題)を利用者様やご家族様にはもちろん、ケアマネジャー等に報告、確認します。

  3. 自主性を高めるために、ご自宅でできるトレーニングを指導します。

  4. 住環境整備や福祉用具選定のご相談にも乗り、アドバイスをさせていただくとともに、状況に応じた介護サービス利用を提案します 。

  5. 上記内容を実施していくことで、様々な効果を生み出し、「人生の質」の再構築を図ります。
    例)
    ・自宅環境にあった動作練習を行なうことで、生活自立度の向上を図り、自信回復や家族の介護負担軽減、自宅での閉じこもりを予防します 。
    ・家事動作練習等でご自宅での活動量向上を図り、利用者様の役割の再構築に努めます。
    ・コミュニケーション練習で孤独感の解消を行ない、精神的なケアを図ります 。
    ・発声、嚥下練習や肺炎予防、「食」への楽しみの継続を図ります 。
    ・屋外活動練習や高次脳機能障害に対するアプローチを行ない、職場復帰や地域活動への支援、社会参加の促進を図ります。

  6. 一人の利用者様になるべく複数の職員が関わり、多面的に適切なサービスが提供できるよう検討し、提案します。

  7. 比較的若い職員で構成していますので、フットワークは軽いです。遠方でも相談に応じて対応させていただきます 。

  8. 各職員、様々な研修に参加しておりサービスの質の向上に努めています 。
    ※訪問リハビリ実務者研修修了

自宅トイレでの練習

自宅での自立度向上を図り、自信の回復と家族負担の軽減を図ります。

洗濯干しの練習

役割獲得、生きがいを一緒に探し、人生の楽しみ発見をお手伝いします。

摂食、嚥下練習

人として基本的な欲求や新たな疾病への予防を図ります。

職員紹介・職種・資格

職種:管理者、リハビリ職員
資格:理学療法士、作業療法士、言語聴覚士

職員の声

佐々木 美佳(言語聴覚士)

佐々木 美佳(言語聴覚士)

当サービスでは理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が自宅に訪問し、その人らしい自立した生活への支援や、生きがい楽しみが持てるよう個々に合わせたリハビリを実施していきます。
まずはご自宅での生活が楽しく安心して過ごせるよう一緒に練習に取り組み、さらに次のステップとして、地域社会への参加がスムーズに繋げられるよう支援しています。
職員みんなが明るく元気で話しやすい。相談など連携が図りやすいところが一番の魅力です。
また全職員が訪問リハビリ実務者研修を修了しており、日々レベルアップを図っています。

利用者様の声

  • しっかり歩けるようになりました 
  • 口腔ケアを意識するようになりました 
  • カーテンを開けたり、冷蔵庫の物を取りに行ったり、自分で動くことが増えた。1 人で出来ることが増えた 
  • 活動する機会がやや多くなってきた 
  • よく話を聞いて下さり、本人に合った動作の仕方を教えて下さり、適切なアドバイスを頂いています 
  • 失語がありなかなか言葉が出なかったり、思ったことと違う言葉が出るが、いつも聞いてもらえるのは嬉しい 
  • 礼儀作法を守る方々に貴方の教育が感じられます 
  • 熱心にリハビリに付き合ってくれてありがたく思う
pagetop pagetop
pagetop pagetop
医療法人 健康会 いちご介護グループ
いちごライフ

(C) 2018 Kenkoukai