ホーム > 新病棟紹介 >

 

 このたび、国および県の二次救急医療機関耐震化整備事業の指定を受け、耐震化による施設の安全性を高めた基礎免震構造工事を進めてまいりました嶋田病院が移転開院いたしました。
 これもひとえに地域の方々や、関係各位の皆様の多大なご理解とご支援の賜物と心より深く感謝申し上げます。
 今後とも、思いやりのある保健・医療・介護サービスを提供し、サービス業として地域の信頼を獲得できる病院として職員一丸となって取り組んでまいりますので、なお一層のご支援とご指導を賜りますようお願い申し上げます。


全室個室で、トイレ・洗面所付でゆったりとした空間となっております。左右麻痺の状態や病状に合わせて、お部屋の調整を行います。
病室には、ベッド、テレビ、冷蔵庫、チェストなどの設備が備えられています。
また3~6階が入院病棟で、天気の良い日には足羽川の桜や、白山連峰がご覧頂けます。
当院では、個室差額料はありません。

2階のリハビリテーションセンターです。広さは約660㎡。東西がガラス張りで明るく開放感のある空間になっています。
最新の評価機器、訓練機器が設置されており患者さんの状態に応じた評価、訓練が可能です。
リハビリテーションセンター内には、1LDKの生活訓練室を設けてあります。ここではご自宅での実際の生活を想定した調理、洗濯、掃除等の家事動作や入浴、トイレ等のADL訓練を行います。
リハビリテーションセンター横の屋外訓練場(active field)です。ここには階段、坂道、砂利道等の応用歩行練習や持ち上げ花壇を使用した花壇作りや畑作業も練習することが可能です。
リハビリテーションセンター内のマルチルームでは様々な作業活動を通じて、退院に向けた就労支援や本格的な趣味活動の練習を行います。

最大200名ほど収容可能。医療関係者ほか一般の方を対象とした講演会や行事などを開催しております。

地球温暖化防止対策の身近なエコ対策として、発電時にCO2や有害物質を排出しない太陽光発電を屋上部分に設置しております。
またその他にも、屋上緑化にも努めています。

当院は、耐震化による施設の安全性を高めた免震構造となっております。
地下の基礎部分に写真のような免震装置(高減衰積層ゴム)が50個設置されており地震時の揺れを軽減します。