ホーム > 患者さんへ > 入院のご案内 >

入院される方へ

 当病院は急性期、亜急性期、およびリハビリを中心として診察し、地域包括ケア病棟・回復期リハビリテーション病棟を有する病院であります。一日も早く家庭に復帰できるよう心から願っています。
 入院中にお気づきのことがありましたら、遠慮なく医師、看護師、又は理学療法士などにお申しつけください。
 なお、付属施設として通所リハビリ・通所介護・認知症を対象にした通所介護施設を所有し、必要に応じてご利用になれます。


入院の手続き

  • 入院当日は、1階の受付窓口にお越しください。
  • 病棟看護師が病室までご案内いたします。

<入院される方は、次の手続きが必要となります。>

  1. 入院誓約書と個人情報の同意書、実費徴収の同意書の記入
    ※親族、連帯保証人の印鑑が必要です。なお連帯保証人は、同居以外の方で住居を有し、独立した生計を営んでいる方になります。
  2. 健康保険証、後期高齢者医療保険証、重度障害者医療費受給者証等の提示
    ※入院中は月1回、保険証等の確認をさせていただきます。入院料支払いの際にご提示ください。
    また保険証等の内容が変更になりましたら、受付窓口でご提出ください。
  3. 診察券の提示(再診の患者さま)
  4. 限度額適応・標準負担額減額認定証の提示

入院時にご準備いただくもの

ご準備いただくものすべてに名前をご記入ください。準備の際、ご確認ください。

現在お飲みになっているすべてのお薬とお薬手帳
洗面用具
歯みがきセット(コップは割れにくいもの)、タオル、バスタオル、ブラシ、髭剃り
日用品
ティッシュペーパー、シューズ、入れ歯ケース
日用品
下着、パジャマ(できるだけ前開きのもの)、リハビリ用の普段着(入院前に使用されていたもの)
その他
洗濯物用の袋(大きめで濡れても丈夫なもの)、オムツ

※持ち物にはすべてお名前の記入をお願いします。
※食事用の箸・コップは当院にてご用意いたします。
※はさみやナイフなど危険物の持ち込みは禁止しております。


入院中のすごし方

<お食事>

1) お食事は、医師の指示により栄養士が病状にあった食事を献立いたします。
2) 病院外からの飲食物を持ち込む場合は、その都度、主治医または看護師などにご相談ください。
3) 食事の時間は次のとおりです。
 【朝食】 午前7時半
 【昼食】 午後12時
 【夕食】 午後6時

<面会>

  1. 面会時間は、午前7時〜午後8時となっております(土・日・祝日も同じです)。
  2. 患者さまの病状によって面会をお断りする場合と面会を延長する場合とがございますので各病棟の看護師にお申し出ください。

<入浴>

  • 医師の指示により、病状に合わせて介助させていただきます。
  • 入浴できない方は、清拭・着替えをさせていただきます。
  • 洗濯物がでますので、2〜3日毎に面会にいらしてください

<ネームバンド>

  • 診察・検査・治療・処置を行う際に誤認防止のためにご協力ください。
  • 安全な医療の提供をすることを目的に着用いただいております。

<洗濯場>

4階・6階にございます。100円でご利用頂けます。

<テレビ>

当院備え付けのテレビを使用していただきます。専用のテレビカード(1枚1,000円、21時間30分使用可能)が必要となります。
販売機は3〜6階のデイルームにございます。

<冷蔵庫>

冷蔵庫もテレビカードでご利用頂けます。(1回あたり100円、24時間使用可能)

<病院出入口>

正面玄関をご利用ください。
開放時間/終日 午前7時〜午後8時

<消灯時間>

睡眠を充分にお取りいただくよう、午後9時に定めております。その後の点灯はご遠慮ください。

<外出・外泊>

外出や外泊は看護師等にご相談ください。主治医の許可を得て、外出届・外泊届を提出していただきます。
希望される方は、早めにお申し出ください。

<入院中の医療機関の受診について>

入院中に他の病院・医院での診察やお薬が必要な場合は、必ず医師の許可が必要です。
 【注意点】
 医師の許可なく、他の病院・医院での受診をされますと、10割自己負担となりますので、ご注意ください

<セーフティーボックス>

貴重品は床頭台に備え付けてあるセーフティーボックスをご利用ください。
※当院では、常に盗難予防に注意していますが、万一盗難にあわれましても責任を負いかねますので、貴重品などの持ち込みはなるべくお控えください。

<付き添い>

入院されますと、身の回りのことがご心配になるかと思いますが、当院では通常必要ありません。
ただし、患者さんの年齢・病状等により、医師の許可を得てご家族が付き添うことができます。
ご希望の方は看護師にご相談ください。(寝具等に関してはご自身で準備をお願いします)

<携帯電話の使用>

院内での携帯電話の使用は原則可能ですが、以下の注意点を守って頂きご使用をお願いします。
 【注意点】
  ①医療機器によっては電波の影響を受け、誤作動を起こす危険性があることをご理解ください。
  ②隣の病室の迷惑にならないよう声や音量を小さくしてご使用ください。
    特に午後9時以降は、他の患者さんの睡眠の妨げにならないようマナーを守ってご使用ください。

<駐車場>

駐車場が大変混雑しますので、入院期間中の駐車はご遠慮下さるようお願いします。

<郵便物・宅配物>

  • 郵便・宅配物の投函は遠慮なくスタッフへお申し出ください。
  • 入院患者さんに対する郵便・宅配物も「嶋田病院○○様宛」で受付に届きましたら患者さんのお部屋までお持ちいたします。

<禁煙>

病院敷地内は全域禁煙となっています。トイレや駐車場など人目のないところで喫煙されますと防火管理上も大変危険ですので、ご遠慮ください。また病院内での飲酒も固くお断りします。

<その他>

  • 病状によって病室を変わっていただくことがありますので、ご協力お願いいたします。
  • 火災などの非常の際には、職員の指示に従ってください。
  • 診療上または院内の秩序保持のため、必要な指示に従わない場合や他の方の迷惑になるよう なことがありますと、退院して頂くことになります。
  • 電化製品の持ち込みはご遠慮ください。
  • 職員に対する謝礼は、一切お断りします。

入院費用と支払方法

<患者負担>

  1. 入院費の自己負担は次のとおりです
    7歳未満 7歳以上70歳未満 後期高齢者又は70~74歳高齢受給者 食事療養費標準負担額
    診療費の2割 診療費の3割 診療費の1割~3割(月額上限)44,400円 年齢に関係なく1食につき260円
    ※ 入院料は、入院日と退院日がそれぞれ1日分として算定されます。
    ※ 自己負担額に10円未満の端数があるときは四捨五入いたします
    ※ 負担割合と月額上限は所得により変わります。
    ※ 食事療養費標準負担額は所得により変わります。
  2. 特別長期入院料について
    同じ病気による入院期間が、他の医療機関における入院期間も含めて通算で180日を超えた場合、入院料の一部が特別長期入院料として実費負担となります。負担額は1日につき地域包括ケア病棟880円となります。
  3. 個室差額料について
    当院では室料差額はございません。

<入院費用と支払い方法>

  1. 計算方法
    厚生労働省が定めた診療報酬規程に従って計算しています。
  2. 請求期間
    入院費は月末締めで翌月の10日頃のお支払いとなりますので、1階受付窓口にお越しください。請求日から14日以内に現金でお支払いください。
  3. 退院会計
    退院される場合は、退院時に1階受付窓口でお支払いください。また、追加伝票の発行等により退院後に追加請求させて頂くこともありますので、予めご了承ください。なお、予定外の急な退院は、後日こちらの方からご連絡致しますので予めご了承ください。
  4. 支払方法
    【月曜~金曜】午前8時30分~午後5時30分
    【土・日・祝日】午前8時30分~午後4時30分
    1階受付窓口にて現金のみでのお支払いになります。
    事前に入院費用の概算額を知りたい方は、病棟又は受付へお申し出ください。

<各種書類>

保険会社への診断書等を申請する場合には、申込書の記入が必要となりますので、1階受付窓口へお越しください。

<退院の手続き>

  1. 主治医から許可がでて、退院が決まりましたら、手続きをいたします。
  2. 退院後の療養について、主治医等から説明があります。
  3. 退院の準備ができましたら、スタッフステーションにお立ち寄りください。
  4. 診断書等の必要な方は、1階受付窓口又は会計窓口に申し込みをお願いします。
  5. お支払いなどでご不明な点がございましたら、1階会計窓口へご相談ください。

※家庭へ退院される方で、退院後も継続的なリハビリ・介護が必要な方に、各種サービスを提供しております。
詳しくは看護師、医療ソーシャルワーカー(1階 地域連携情報サービス室)にご相談ください。