ホーム > 通所リハ 健康の家 >

通所リハ 健康の家


通所リハ 健康の家では、“自分の力を存分に発揮し、その人らしく、安心した生活ができる”をモットーに、退院後の在宅生活をリハビリ、介護、看護の専門職員がサポートさせて頂いております。
ご自宅での生活が送りやすいよう生活環境を整え、ご家族様への介護方法の提案や介護の相談、病状の管理も行っておりますのでお気軽にご相談下さい。
●医療的サポートの充実
 嶋田病院併設の施設であり、医師とも連携が取り易い環境にあります。病状の心配な方や医療行為の必要な方など、安心してご利用できます。
●リハビリスタッフによる個別対応・アドバイス
お一人お一人の思いを大切に、自宅での安定した生活が送れるよう、少しでも自分で出来ることが増やせるような対応をさせて頂いております。
※退院・退所後または認定日から起算して1ヵ月の方は40分の個別リハビリ、2ヵ月目以降の方は20分程度の個別リハビリとなります。

●利用者さんのニーズに合わせて、コースが選択できます
  1階:1日コース(医療・介護重視コース)
  2階:短時間コース(リハビリ重視コース・予防コース)

1階:1日コース(医療・介護重視コース)
退院後の在宅生活に不安のある方や、生活のリズムや状態変化など、1日を通してのサポートが必要な方でも安心してご利用頂けます。
介護方法や食事・入浴などの生活全般のアドバイスもさせて頂きます。

営業日:月~土曜日
サービス提供時間  9:00~16:00
対象者:要介護1~5
2階:短時間コース(リハビリ重視コース・予防コース)
短時間コースの掲げる5つの柱!!
 ①個別リハビリの提供
 ②日常を想定した動作練習
 ③自宅を訪問し、動作・介護指導
 ④パワーリハビリでの全身運動
 ⑤集団での体操
5つの柱をモットーに…
ご自宅で生活する中で、「出来ることを増やしたい」「目標を持って頑張りたい」などそんな思いを抱いているご利用者様とそのご家族様の思いや希望に寄り添い、短時間で集中したリハビリ・介護の提供を行います。
※予防コースの方でも、可能な限り個別の対応をさせて頂きます。

 営業日:月~土曜日(入浴・食事対応はございません)
 サービス提供時間   午前: 9:00~11:50
                午後:13:10~16:00
 対象者:要支援1・2、要介護1~5
大きな地図で見る

〒910-0855
福井市西方1丁目2-11(いちご在宅支援センター1階・2階)
TEL.0776-30-0162
FAX.0776-30-0163
介護事業所No/1810119840

営業時間/8:30~17:30
サービス提供時間/9:00~16:00
営業日/月~土曜日

<1階 要介護 基本料金>(1回利用につき)                      (単位:単位数)
要介護度1 要介護度2 要介護度3 要介護度4 要介護度5
6時間~8時間 677 829 979 1,132 1,283
<1階 要介護 加算料金>
  • 入浴介助加算  50単位/1回
  • リハビリテーションマネジメント加算Ⅰ  230単位/1ヶ月 (月4回以上利用時対象)
  • リハビリテーションマネジメント加算Ⅱ  1,020単位/1ヶ月(利用開始後6ヶ月以内)
  • リハビリテーションマネジメント加算Ⅱ  700単位/1ヶ月(利用開始後7ヶ月以降)
  • 短期集中個別リハビリテーション実施加算  110単位/1日(退院(所)日または認定日より3ヶ月以内)
  • 認知症短期集中リハビリテーション実施加算Ⅰ  240単位/1日  (退院(所)日または認定日より3ヶ月以内)
  • 認知症短期集中リハビリテーション実施加算Ⅱ  1,920単位/1ヶ月 (利用開始後3ヶ月以内)
                  ※リハビリテーションマネジメント加算Ⅱを算定時
  • 生活行為向上リハビリテーション実施加算イ  2,000単位/1ヶ月(利用開始月から3ヶ月以内)
  • 生活行為向上リハビリテーション実施加算ロ  1,000単位/1ヶ月 (利用開始月から4ヶ月以降6ヶ月以内)
  • 若年性認知症利用者受入加算  60単位/1日
  • 重度療養管理加算  100単位/1日  (要介護3~ 5の方)
  • 栄養改善加算   150単位/1回(月2回まで3ヶ月以内、継続も可能)
  • 口腔機能向上加算   150単位/1回(月2回まで3ヶ月以内、継続も可能)
  • 送迎が実施されない場合  ▲47単位/片道
  • サービス提供体制強化加算Ⅰイ  18単位/1日
       ※事業所の介護職員の総数のうち、介護福祉士の占める割合が50/100以上である
  • 時間延長  50単位/1時間(利用時間9時間を超えた場合、最長3時間まで)
  • 介護職員処遇改善加算(Ⅰ)…上記料金の合計金額の3.4%に相当する単位数/月
  • 利用料の額は、地域区分が「7級地」であるため、単位数に10.17円を乗じた金額のうち、介護保険負担割合(1割または2割)にもとづいた額が自己負担となります。
<要介護 その他 料金>
  • 食費  500円(昼食1回、治療食の対応も可能)
  • 日常生活費・レクリエーションにかかる費用は、自費負担となります。

<2階 要介護(短時間) 基本料金>(1回利用につき)                 (単位:単位数)
1時間~2時間 2時間~3時間
要介護度1 329 343
要介護度2 358 398
要介護度3 388 455
要介護度4 417 510
要介護度5 448 566
  • 入浴介助加算  50単位/1回
  • リハビリテーションマネジメント加算Ⅰ  230単位/1ヶ月 (月4回以上利用時対象)
  • リハビリテーションマネジメント加算Ⅱ  1,020単位/1ヶ月(利用開始後6ヶ月以内)
  • リハビリテーションマネジメント加算Ⅱ  700単位/1ヶ月(利用開始後7ヶ月以降)
  • 短期集中個別リハビリテーション実施加算  110単位/1日(退院(所)日または認定日より3ヶ月以内)
  • 認知症短期集中リハビリテーション実施加算Ⅰ  240単位/1日  (退院(所)日または認定日より3ヶ月以内)
  • 認知症短期集中リハビリテーション実施加算Ⅱ  1,920単位/1ヶ月 (利用開始後3ヶ月以内)
                  ※リハビリテーションマネジメント加算Ⅱを算定時
  • 生活行為向上リハビリテーション実施加算イ  2,000単位/1ヶ月(利用開始月から3ヶ月以内)
  • 生活行為向上リハビリテーション実施加算ロ  1,000単位/1ヶ月 (利用開始月から4ヶ月以降6ヶ月以内)
  • 理学療法士等体制強化加算  30単位/1日 (1~2時間利用時)
  • 若年性認知症利用者受入加算  60単位/1日
  • 重度療養管理加算  100単位/1日  (要介護3~ 5の方)
  • 中重度ケア体制加算  20単位/1日
  • 栄養改善加算   150単位/1回(月2回まで3ヶ月以内、継続も可能)
  • 口腔機能向上加算   150単位/1回(月2回まで3ヶ月以内、継続も可能)
  • 送迎が実施されない場合  ▲47単位/片道
  • サービス提供体制強化加算Ⅰイ  18単位/1日
       ※事業所の介護職員の総数のうち、介護福祉士の占める割合が50/100以上である
  • 時間延長  50単位/1時間(利用時間9時間を超えた場合、最長3時間まで)
  • 介護職員処遇改善加算(Ⅰ)…上記料金の合計金額の3.4%に相当する単位数/月
  • 利用料の額は、地域区分が「7級地」であるため、単位数に10.17円を乗じた金額の1割が自己負担となります。
<2階 要支援 基本料金>(1ヶ月につき)                        (単位:単位数)
基本利用料
要支援1 1,812
要支援2 3,715
<2階 要支援 加算料金>
  • 運動器機能向上加算  225単位/(1月あたり)
  • 栄養改善加算  150単位/(1月あたり3ヶ月以内)
  • 口腔機能向上加算  150単位(1月あたり3ヶ月以内)
  • 選択的サービス複数加算Ⅰ(運動器機能向上、栄養改善)  480単位/(1月あたり3ヶ月以内)
  • 選択的サービス複数加算Ⅰ(運動器機能向上、口腔機能向上)  480単位/(1月あたり3ヶ月以内)
  • 選択的サービス複数加算Ⅰ(栄養改善、口腔機能向上)  480単位/(1月あたり3ヶ月以内)
  • 選択的サービス複数加算Ⅱ(運動器、栄養改善、口腔機能向上)  700単位/(1月あたり3ヶ月以内)
  • 介護職員処遇改善加算(Ⅰ)…上記料金の合計金額の3.4%に相当する単位数/月
  • 事業所評価加算  120単位/1ヶ月
       ※前年度における、利用者の要支援状態の維持・改善の割合が一定以上となった場合
  • サービス提供体制強化加算Ⅰイ  要支援1 72単位
                           要支援2 144単位
       ※事業所の介護職員の総数のうち、介護福祉士の占める割合が50/100以上である
  • 利用料の額は、地域区分が「7級地」であるため、単位数に10.17円を乗じた金額の1割が自己負担となります。
<その他 料金>
  • 日常生活費・レクリエーションにかかる費用は、自費負担となります。