ホーム > 病院案内 >


理事長挨拶

理事長 嶋田修美

 医療法人健康会は、福井市中心部に病床数117床の嶋田病院を開設しております。
昭和51年に開業以来、地域の皆様にご支援いただきながら、
   1.心の痛みがわかる、思いやりのある保健・医療・介護サービスを提供します。
   2.サービス業として地域の信頼を獲得します。
を理念として、日々努力させていただいております。
 現在、国は重度な要介護状態となっても住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最期まで続けることができるよう、住まい・医療・介護・予防・生活支援が一体的に提供される地域包括ケアシステムの構築を目指しています。当法人でもその地域包括ケアシステムの担い手として地域の皆様の望まれているものは何かを常に考えながら取り組んでおります。
 急性期病院からの紹介を受け在宅復帰を目指す回復期病棟 90床、療養が必要な方々をお受けして在宅復帰を目指す地域包括ケア病棟(地域病棟) 27床を展開し、リハビリテーションを中心としたチーム医療を行なっております。
 地域の皆様の住み慣れた環境で、質のよいリハビリテーションを早期に提供させていただき、1日も早い社会復帰、在宅復帰、就労復帰を目的としております。
 また、介護保険制度当初より、医療及び介護(在宅通所系施設)の連携を重視し、訪問看護、訪問リハ、通所リハ、通所介護、認知症対応型通所介護、グループホーム、居宅介護支援事業所など、積極的に取り組み、開設しております。これからも、地域の皆様により一層の安心を提供させていただけるよう努力致します。


理念
1.心の痛みがわかる、思いやりのある保健,医療,介護サービスを提供します。
2.サービス業として地域の信頼を獲得します。
基本方針
1.患者さんの権利を守ります。
2.医療の安全を組織的に徹底して守ります。
3.患者さんとのパートナーシップを築きます。
4.医療・介護の質の向上を目指します。
5.リハビリテーションを重視した医療を行い、生活の質の向上を図ります