ホーム > 病院案内 > 各部門 > 看護部 > 回復期リハビリテーション病棟 >



回復期リハビリテーション病棟


嶋田病院 実績紹介

 回復期リハビリテーション病棟では、脳出血や脳梗塞、骨折などの患者さんに対して日常生活活動能力の向上による家庭復帰と、寝たきりの防止を目的とした集中的なリハビリテーションを受けることが出来ます。医師・看護師・介護士・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・生活相談員などの各専門スタッフが共同で、それぞれの患者さんにあったリハビリテーションを考え、実施しております。
 また、患者さんを支えるご家族への介助方法の指導やアドバイス、日常生活動作が集中する毎食前後には専門スタッフが介入し、生活の援助もいたします。月に1度は医師からの家族の方へ治療内容を含めた現状報告も行っております。さらに、リハビリテーションをより安心で安全なものにするための自宅評価や、自宅の構造に合わせたリハビリテーションも考案いたします。まずはご相談ください。

患者さんの1日のスケジュール(例)
 
6時30分
起床、洗面・歯磨き、着替え、排泄介助
7時30分
朝食、歯磨き

8時30分
身体の清潔、排泄介助、環境整備

10時
検温、訓練浴介助

12時
昼食
2時
入浴
3時
おやつ・水分摂取、レクレーション
6時
夕食、排泄介助、着替え
8時
排泄介助、就寝前の観察
9時
就寝
就寝後
排泄介助、体位交換、観察
理学療法・作業療法・言語療法
リハビリは1日のスケジュール中に行います。
シーツ交換 1回/週
シーツ汚染時は随時交換します。
入浴 2回以上/週 訓練浴・機械浴
状態に応じて、体を拭きます。
レクレーション活動
(午後からと毎週日曜日)
排泄介助は、機能に合わせて行います。
毎月1回話し合いの結果をお知らせいたします。
外泊・外出は主治医の許可のもと行います。
具体的なケアサービス方針
  1. 食事は食堂に誘導し、経口摂取への取り組みを行います。
  2. 洗面は洗面所で朝夕、口腔ケアは毎食後行います。
  3. 排泄はトイレへ誘導し、オムツは極力使用いたしません。
  4. 入浴は週2回以上、必ず浴槽に入ります。
  5. 更衣は朝夕、下着は毎日交換します。
  6. 二次的合併症を予防し、安全対策を行います。
  7. レクレーション活動を行います。
  8. 家族へのケアと介護指導を行います。